マイクロエンドコース2019年度

米国では根管治療を始めとする歯内療法はその治療の複雑性から専門医が行う治療であると、歯科医師のみならず多くの患者さんからも認知され ています。

またインプラント処置と同様に治療に時間と費用がかかり、Restorabilityがあればインプラントと同様の 成功率・生存率があることも知られています。

近年、歯内療法セミナーで 、その多くがマイクロスコープ, Ni-Ti Rotary File, MTAセメント, 超音波といった技術革新に触れていますが、それだけで歯内療法 臨床に発生する問題を解決すること できません。

このコースで 米国・西海岸の名門校であるUSC歯内療法科のコンセプトに基づき、先生方の歯内療法のレベルをワールドスタンダードに押し上げ、 明日から臨床で自信を持って行って行なっていけるようにしていくことを目標としています。

従来、歯内療法に関わるコースや研修会 、東京 ような大都市と違い福岡で あまり受けることがなかったと思いますが、この研修会では福岡(を中心とした九州)にいながらしてワールドスタンダードな歯内療法に対する考え方・手技を学ぶことができます。

また、当研修会のコンセプトは少人数で行うことを旨としています。大人数では聞きたいことも 聞けないことが多いからです。

従来あるものと比べてかなり自由度の高い、講師との距離が近いコースと言えるでしょう。

患者さんの利益を第一に考え、患者さんのために本当に良い歯内療法・根管治療とは何か?を本気で求め、具現化させたいという多くの先生方の参加を心よりお待ちしています。


受講条件

講師の研修会を受講されたことがある先生、ABE Basic CourseまたはAdvance Courseを受講された先生、または歯内療法の基本が既に身についている先生

聴講希望の場合は土曜日の弁当代・会場代として¥5,400のみご負担ください。

再受講で実習希望の場合は、講師まで直接ご連絡ください。

定員 最大6名

受講料

65万円(税込・テキスト代・昼食代込み, 3回までの分割可能)


2019年度日程

3期

1回目 マイクロエンド

5/11(土) 大臼歯の解剖学的特徴, 根管形成上のポイント、Contemporary Endodontics Cleaning and Shaping(現代の最新の根管形成のテクニック)USCで行われるCWCTとそのポイント、実習(午後〜)

5/12(日) 全日実習


2回目 マイクロリトリートメント

7/6(土) ポストコア除去、ガッタパーチャ除去、破折ファイル除去、レッジの修正、MTAの練和と保湿、MTA根充(講義、デモ)、実習

7/7(日) 全日実習


3回目 マイクロサージェリー

9/21(土)  外科治療の流れ、CBCTの診断と分析を通しての臨床応用(講義・デモ・実習)、実習(マイクロ下での意図的再植術実習、MTA逆根充とレントゲン的な評価)

9/22(日)  全日歯根端切除術の実習


4期

1回目 マイクロエンド

11/30(土)

12/1(日)


2020年

2回目 マイクロリトリートメント

1/25(土)

1/26(日)


3回目      マイクロサージェリー

3/28(土)

3/29(日)


時間  10:00~17:00(開場 9:30~)

会場 まつうら歯科医院・歯内療法専門室内福岡マイクロエンドコース

TEL 092-710-6266

FAX 092-710-6277

お問い合わせ先 まつうら歯科医院 担当 松浦 endomatsuura@gmail.com


受講に際してご自身で準備していただくもの

パソコンもしくはPDFが受信できるような媒体(ipad, iphone, USBメモリなど)をご持参ください。

受講ご希望の先生は福岡マイクロエンドコース申し込み書に必要事項をご記入の上、松浦までメール(endomatsuura@gmail.com)かfax(092-710-6277)でお申し込みください。

コメントは受け付けていません。