SEED

SEEDとは、

Society of Evidence based and Experience oriented Dentistry

の略で、米国補綴専門医の白先生(東京都・港区開業)が主催するスタディグループで東京で行われる歯科医師卒後研修会です。

今の所、私が東京で行う唯一のエンドのコースとなります。

このスタディグループの特徴は、以下のようになります。(以下、SEEDのホームページより引用)

” 補綴、歯周病、歯内療法、インプラント学等各専門科など専門に特化するのではなく、「スーパーGP」とでも名付けるような総合的な臨床スキルを持つ、未来の歯科界のリーダーを育成する。それが米国大学院を修了した専門家集団によって設立された「SEED」の存在意義、すなわちビジョンです。”

1. 基礎力

アドバンスコースでは、大切な診査項目をもれなくカバーし、幅広い治療オプションを考え身に付け、一つ一つの治療手順を学びながら臨床能力を向上させていきます。座学、レクチャーの時間の割合が少ないことを特徴とし、各自のペースでこちらが指定するテキストをまとめることで、基礎知識を幅広く体系的に網羅します。

2. 応用力

応用力をつけるためには、ケースプレゼンテーションやディスカッションを通じて自分自身で【考える】トレーニングが不可欠です。ベーシックコースでは、一定レベルを担保するため、少人数のグループ学習をセミナー形式で行い、個別のメンタリングなど、受講生自身が深くよく考える機会を設けています。

3. 実践力

受講生に限らず、日本の歯科医師全体がデジタル化の流れに敏感になっている昨今。最先端のデジタルデンティストリーを大幅に取り入れた初の卒後セミナーと言えるでしょう。しかし、我々はあえて基本的な手技や技工作業を重要視しています。

デジタル機器はツールに過ぎず、使いこなすのはあくまで歯科医。基本的な技工作業を通じて、じっくりと自分自身と向き合い、思考を熟成させる時間が必要だからです。デジタル機器を使いこなすには、歯科医自身の頭の中で、治療の最終ゴールがイメージされていないといけません。ベーシックコースでは、実際の診療見学と基本的な実習、技工作業を通じて実践力を鍛えます。

 

SEED 主宰

米国補綴専門医

白  賢

 

コースの特徴としては、

・受講生5〜8名の少人数制

・実際の治療見学を通じて、見て学べる

・日本語のテキストを主に使用するので、理解が早い

・同時にアメリカの専門大学院が採用しているクラシカルな論文もカバー

・豊富な実習内容、ハンズオンの機会

・ディスカッション主体で考える力、臨床で必要な思考力を鍛える

・補綴とエンドを同時に深く幅広く(アメリカの専門大学院で学ぶレベル、範囲)習得可能

・エンドは講義のみに限定(実践的なスキル習得を希望する方は、松浦先生が主宰する研修会で実習を用意)

・補綴は特定の分野に限らず、義歯、審美歯科、インプラント補綴など補綴全域を網羅

・最新のデジタルデンティストリーが学べる

・同時にデジタル化に向け欠かせないコンベンショナルな診査診断、治療手順、歯科技工のエッセンスを重視

コース終了後には、

・レクチャーや実習での学びを、自身の臨床に落とし込めるようになる

・特に全顎的な補綴治療の診査診断、治療手順の習得により、実際フルマウスのケースの治療が出来るようになる

・義歯、インプラント、審美歯科など特定分野に偏らない補綴学的な診査診断の視点、治療オプション、実際の治療スキル、考え方が身につく

・デジタル化のメリットとデメリットが理解でき、今後のデジタル導入、対応がスムーズになる

・エンドの基本知識全般が理解、習得が可能となる


ということで、私はこのコースのエンドの部門をお手伝いしています。

補綴と違い、エンドは講義のみとなります。

講義内容は以下のような内容を予定しています。

詳細は、seed.basic2018@gmail.comまでお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。